運動会の練習:お手本

Pocket

3歳、4歳でもこんなことができます。運動会の競技に取り入れるのですが…タオルを干します。下の両端を揃えます。洗濯挟みで留めます。説明はいりません。手本をよく観て、それと同じようにします。初めは時間がかかりますが当然のこと。よく観て丁寧に始めることが肝心です。目で観て…取り込み…脳から指先に「指令」が出て…指先がそのように動きます。こうして、観て→することができます。その動きが「身に付いて」いきます。幼稚園でも家庭と同じように、初めてのことばかりです。子どもはそれをどんどん取り込んでいきます。当然、大人のように「早く」はできません。最初が肝心です。ゆっくり、じっくり…そして…褒める。

Exif_JPEG_PICTURE

5歳、6歳になると、もっと高度なことができるようになります。0歳からの積み重ねです。この子を後ろからそっと観ていて「感動」しました。この子はよく観て、取り込んでいる。肩、腕、手、指、足…身体全体に気持ちが伝わっている! おそらくこの子は朝ごはんをしっかり食べて来てる!と思いました。ひとつ一つを丁寧に教えていけば、みんなできるようになります。できるまでの時間はそれぞれ違いますが。そして、できるようになると子どもは「たまらなく気持ちいい」のです。それを達成感といいます。その積み重ねが自信になります。そして…極端に言えば…生きている喜びを感じていくのです。

成長の秘訣…それは《早寝、早起き、朝ごはん》です。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA