昼休みのようすとお帰りのようす[2017.9.28.]

土曜日は子どもたちは休園です。9月は運動会のために登園したので、運動会後は三日間の休みになります。それで昨日は久々の登園日でした。今日は天気もよく、昼休みも元気に遊んでいます。とにかく子どもたちは身体を動かすのが好き。走り回ったり、雲梯(うんてい)をしたり、鉄棒をしたり…。ただ漫然と身体を動かすだけでなく、神経細胞がつながって、筋肉が発達し、思うように身体を動かすことができるようになるのが、子どもたちにとって「快感」なのです。ちょっとしたアドバイス、「ここに力を入れて」と言って、使う筋肉の「部位」に触れてあげることで、子どもは「そこを意識して」思うように身体を使うことができるようになるのです。その発達たるや驚くほど早いです。適切なアドバイスひとつで子どもはみちがえるように成長していきます。

足の指先から手の指先まで伸ばして…美しさを感じます。

運動会が終わって、身体がぐっと成長したように見えます。子ども自身がそれを感じているでしょう。

「しなさい」と言わなくても、子どもは自分でします。ずっと向こうに見える子は先生の手伝いをしています。

同じことは、もう大人にはできません

お帰りのときのお祈り。一日を感謝します。「かみさま、かえるときもおまもりください。」

けっこう重い「台座」もなんなくかかえます。

ひさしぶり[2017.9.28.]

今日からまた「日常」が始まりました。またまた朝の掃除の様子です。大人にとっては同じように見えたり、思えたりしますが、子どもたちにとっては、毎日が、毎時が常に「新しいこと」なのです。同じことを繰り返しているように見えても、繰り返すことによって、確実に「成長」していきます。身に付いていくのです。掃除がきついことでもなく、いやなことでもなく…きれいになる、ということを経験して気持ちがよくなります。こうして、きれいにすることを学んでいきます。このような経験をすることによって「きれい」ということがわかり、「きれいにする」ことができるようになるのです。こうして、子どもたちに「きれいにしましょう」という言葉が通じるようになるのです。「静けさ」についても同じです。「静けさ」を体験していないうちは「静けさ」がわかりません。体験して初めて「静かにしましょう」という言葉が伝わるのです。

「分けて、分けて」と言いながら、わたしが集めた枯れ葉を取られました(笑)

腰が入ってますねぇ。

自然に対話が生まれます。

それぞれが、それぞれに。

「きれいに」なりました。

運動会[2017.9.23.]

天気に恵まれて素晴らしい運動会でした。園庭のコンディションも最高。保護者の皆さんと先生たちで整えた「晴れの舞台」で、子どもたちはのびのびと力一杯の動きを見せてくれました。子どもたちの一途な気持ちにはいつも感動をもらいます。9時に始まり、1時間半のたっぷりのお弁当タイムをとり、2時過ぎに終了。後片付けもあっという間に終わりました。終わってもまだ走り回っている子どもたちがいました。子どもたちのパワーに脱帽です。お客さんにも「素晴らしい運動会でした」とのお声をたくさんいただきました。保護者の皆さんと先生たちはサポーターに徹して、子どもたちが主役。いつも本番では最高の力と笑顔を見せてくれます。組体操を除いてすべては二学期に入ってからの練習。ただサーキットは普段からしているので、障害物を跳び、逆上がりをし、跳び箱4段を跳び、最後はバスケットのシュートを決めました。日頃の積み重ねの成果です。みんながいつもより大きく見えました。これからのますますの成長が楽しみです。実際、運動会が終わると、みんな大きく成長します。自信が生まれたからでしょう。子どもたち、ゆっくりおやすみなさい。今日も感動をありがとうね。保護者の皆さま、ご協力、応援ありがとうございました。

おわりのあいさつ。「みなさん、おうえんありがとうございました。」 …パチパチパチ…

いよいよあした[2017.9.22.]

園庭の状態がよくなかったのでお部屋で紙芝居を見ています。

個人的に指導を受けている子どもも。

園庭が使える状態になったので、年長は明日の動きのチェック。

保護者の皆さまと一緒に子どもたちの「晴れの舞台」を整えることができました。

整備されたばかりの園庭で何を話しているのでしょう。

 

       感動の物語が始まる…。

運動会、いよいよ明日になりました。準備の段階から天気が気になっていましたが、結果的には最高のグランドコンディションで運動会ができそうです。保護者の皆さまのご協力で子どもたちの「晴れ舞台」が出来上がりました。ありがとうございました。子どもたちがくれる「感動」が楽しみです。今晩も早く休んでいい夢をみてね。

 

運動会リハーサル[2017.9.21.]

今日は天気に恵まれ、お母さま方の協力も得て運動会のリハーサルができました。子どもたちの土曜日の本番がとても楽しみです。子どもたちにとっては「リハーサル」はありません。いつも「本番」みたいです。リハーサルといって力を抜くことはありません。当日、ご家族の応援があると、フルパワー以上の力を出します。だから…運動会が大成功!というのは、する前から決まっているのです。今日もぐっすり眠ることでしょう。

登園してきて、まずは園庭の石ころ拾い。

真剣に拾ってます。

子どもたちの「手」にはいつも感動します。手のひら、指がしっかりと成長しています。

わたしがいつも「手をみせて」というので、子どもたちはよく手を見せにきます。今日は「石ころ」を見せに集まってきました。

石ころを捨てに行ってるところです。

リハが始まる前のひととき。みんな弾けてます。

クラシック音楽メドレーに合わせて、次々とフォーメーションを変えていくところは見所で感動ものです。

「華麗なる舞」、伝統の「メイポールダンス」です。

明日もリハーサル[2017.9.20.]

今日、十分にリハーサルができなかったので、明日も運動会のリハーサルをします。登園はいつものように。バス通園もあるので、リハーサルは9時半頃からになるでしょう。降園時間はいつも通り。係になっている保護者の皆さんは来られる方のみとなります。雨は今晩少し降るようで、明日は大丈夫でしょう。金曜日が雨マークになっているので、運動会の準備ができるでしょうか。運動会当日はできそうな予報ですが…。いずれにしても週末まではレーダーで雨雲を追っかけます。いくら科学が発達しても、天気ひとつ変えることはできませんね。人間は謙虚さを忘れてはいけません…。次のような祈りのことばがあります。

《神よ 変えられないものを受け容れる心の静けさと 変えられるものを変える勇気と その両者を見分ける英知をお与えください》

《God grant me the serenity to accept the things I cannot change, the courage to change the things I can, and the wisdom to know the difference.

小雨のリハーサル[2017.9.20.]

今日は運動会のリハーサルの予定でした。スマホで雲の動きを見ながら…。ちょっと早めの朝礼の後…8時過ぎると雲がなくなるから大丈夫みたい…。ということで「やりましょう!」子どもたちが保護者の方と登園して来ると…だんだんと雨が降ってきました。迷いながら…雨が止んだので入場行進と体操をしたけど、また降り出してきた。なくなるはず?の雲がどんどん出て来て、今日は中止、といったものの、また止んで…かけっこだけを外でしました。雨が強くなっていって…それも年長の番が近づくとひどくなってきて、年長はダメと思いながらも、「走る?」と聞いてしまった。もちろん返事は「走るっ!」というわけで…ゴールしたら、そのまま教室に駆け込みました。いろいろ悩みましたが、臨機応変の対応に子どもたちも、保護者の皆さんも、先生方も皆さんよく動かれたと思います。

傘を上手にたたんでます。集中して。こういう時は、まずはじっくり見てあげて、それから声と手を出して補助をします。

リハーサルでしたが、いつもすることは同じ。人がついてなくても、見てなくても、自分でできることは自分でします。

雨がちょっと止んだので園庭に集まりました。音楽が鳴ると声を出さなくても「反応」します。

体操することができました。指先まで伸ばして!足もたくましい!

空模様がしんぱい…。おしゃべりしないで待ってます。

明日はリハーサル[2017.9.19.]

明日は運動会のリハーサルです。今日も子どもたちは淡々と「日常」から始めています。朝のサーキットは運動会のためのプログラムではありません(バスケットゴール入れを除いて)。天気のいい時はできるだけサーキットをしています。こうして基礎体力が養われていきます。運動会のためのメニュー、バスケットも日増しに上手にゴールすることができるようになっています。ゴールすることを目的にすることによって日頃使わない筋力と神経を使うことになります。集中力も。いじける子も、めげる子もいないようです。淡々とゴールを目指します。その「過程」が大切なのです。入れることができないから「ダメ」なのではありません。平均台越えの順番を待っている子どもが、前の子ができるのを見て「じょうずっ!」とほめていました。年中の子どもです。他の子ができることを認めてほめる。そして、自分もできるように努力する。できることによって「達成感」と「満足感」を味わうことができますが、なかなかできない子どもは、その分「忍耐力」と「向上心」、他の子を受け入れる「心の広さ」を持つことができるのです。

よく考えてみると、子どもたちは大人にできないことをしているようです。

淡々と、黙々と練習しています。

初めのころにくらべるとずいぶんとゴールに入るようになりました。一人あたりの練習時間を考えてみると10日間でトータル20分弱。一日10回投げたとして100回ほど。少ない練習時間でこれだけできるのは驚きです。

先生の指導をよく聞いています。これが上達のコツ。

大人に同じことができるかなぁ。

ボールをしっかり持てるようになってきました。子どもたちの手や指にいつも目がいきます。

フォームも決まってきました。後一息です。うれしい表情が印象的です。入らなくなくても、くやしさとうれしさが共存しています。

できたよーっ![2017.9.15.]

今日も、何人かの子どもたちが「できたよー!」と嬉しい顔で伝えてくれた。一人一人の能力は違うけど、できた時の達成感はその子にとって最高の経験。自信がついて、次への挑戦の意欲もわいてくる。10回チャレンジしてできる子は10回すればいい。50回チャレンジしてできる子は49回ではだめだが、50回すればできる。「ダメ!」というのは禁句に近いが、ダメと言った後は、必ず「こうしたらいいよ」と教えて、見てあげることが大切です。毎日のように「できたよ、みてみてーっ!」という声を聞くのはこの上なく嬉しい。とにかく子どもたちの頑張りはすごい。

睡眠の大切さ:寝てる間に育つ[2017.9.14.]

今朝一番に来た子どもに聞きました。いつも元気だねぇ。朝ごはん食べてきた。「うん」と答えました。(「うん」じゃなくて「はい」ですよ)そのご両親に尋ねしました。睡眠はたっぷりとられてますか。7時には寝て、5時過ぎには起きるそうです。(りっぱな成長間違いなしですよ)子どもは寝ている間に、起きている間に経験したことを整理して身に(脳に)つけているのです。ファミレスなどで遅くまで起きている子どもたちを見ることがありますが…子どもの成長時間を失っているようで、残念な気持ちになります。

ぜひ参考にしてください。