教育方針

成長の発達段階を保育者がよく理解し、自立の手助けをする。

教育方針

成長の発達段階を
保育者がよく理解し、
自立の手助けをする。

教育について

小郡カトリック幼稚園は、キリスト教(カトリック)の愛の精神に基づいて一人ひとりの命を大切にし、幼児の成長発達段階に応じた手助けをすることによって、円満な人格形成と自立を目指す保育をします。
本幼稚園は学校教育法に従い幼児を保育し、適切な環境を与えて心身の健全な発達を促すことを目的とします。
この目的を達成するために、キリスト教的(カトリック)精神に基づき、正しい人間としての生き方の基礎を培います。
また、積極的に戸外の活動を取り入れ、恵まれた園庭での自然とのふれあいを通して、子ども達の心身のバランスの取れた発達を促すように努力しています。

小郡カトリック幼稚園の特徴

小郡カトリック
幼稚園の特徴

 

1)幼児が神から授けられている「成長の法則」に従って成長しようとしている事実に着目し、その成長を援助します。
(2)「自分でできるようになりたい」という幼児の願いに答えるために、一人ひとりを大切にする保育を行っています。
・自主選択活動を中心にして自由を保障し、その中で責任を学ぶようにしています。
・幼児が基本的な日常生活習慣を身につけることができるように、園の生活の中で援助します。
・いろいろな動きや運動をとおして、幼児の心身の健全な発達を助けます。
・幼児期に必要な精神的、知的発達を助けるために、いろいろな教具を使って援助しています。
(3)互いに助け合い、学び合うために、3歳、4歳、5歳の幼児が同じクラスで活動するという、「縦割り保育」を行っています。

 
 

 
大切なのは一家庭と幼稚園の協力
《家庭は最初の教育の場》
基本的生活習慣、人間形成の土台は、子どもが生まれたときから入園するまでの間に、家庭の温床の中で培われます。家庭は、子どもにとって、いつまでも憩いと、教育のよりどころなのです。


幼稚園について

最初の6年間で、
その子の
人生の土台ができます。
その土台作りをします。
 

幼稚園の一日

遊びは子どもにとっては
遊びではありません。
すべてが「学び」。
とくに遊びで学んでます。
 

入園案内

カトリック精神に基づき、
正しい人間としての
生き方の基礎を 培います。